野球FIPとは?FIPの計算方法を分かりやすく紹介

SPONSORED LINK

FIPとは

17282206582_039a492bba_b

野球において投手を評価する指標として、FIPがあります。

FIPとは、Fielding Independent Pitching の略で、打者の 真の防御率 を表した指標です。

 

FIPは、投手の評価軸から「打球」という概念を取り除いています。

つまり、ゴロアウト、フライアウト、単打、二塁打、三塁打、の概念がこの指標にはないということです。

 

これは、どういうことなのか。計算方法を見てみましょう。

FIPの計算方法

FIPの計算方法は、

FIP= {被本塁打 × 13 +(与四球 + 与死球 − 敬遠)× 3 − 奪三振 × 2 } ÷

     投球回 + リーグごとの補正値

となります。

投手の責任範囲として、本塁打、四球、死球の3つに限定することで、より純粋な投手の能力を評価しましょう、という考え方です。

防御率の自責点とは考え方が違うことが分かると思います。

補正値の計算

補正値の計算方法は、

補正値= リーグ全体の防御率 -{被本塁打 ×13 +(与四球 + 与死球 − 敬遠)× 3 − 奪三振 × 2 }   ÷ 投球回 

という式で表します。

式の係数

式の中にある13などの数字(係数)ですが、これは、被本塁打や四死球、奪三振などの結果が、どの程度失点を増減させるかを示しています。

まとめ

防御率や勝敗の上では目立たなくても、

FIPで真価を見いだせる投手もいます。

ただ防御率同様、FIPも100%信用できる指標ではありません。

球場によって本塁打の出やすさが違いますので、ホームグラウンドによって影響を受けてしまう指標でもあります。

こういった欠点も考慮した上で、指標を判断する必要があります。

SPONSORED LINK